家庭で使うお湯

修理

お湯が出ない時の対処法

お風呂や炊事の場面など、毎日の生活に欠かせない「お湯」。いつでも使えるのが当たり前になっているため、いざお湯が出なくなると、どうしたらいいかわからなくなる人も多いのです。ここでは、そんな場合にチェックすべきことや対処法をお教えします。突然お湯が使えなくなった、そんなときは、まず水道とガスがそれぞれ利用できるか確認しましょう。水道とガスに問題がない場合は、給湯器が故障している可能性が高いです。メーカーの保証期間内であれば無償で修理してもらえますので依頼しましょう。保証期間を過ぎているときは有償での修理となりますが、この場合は修理だけでなく給湯器の交換も検討したほうが賢明です。というのは、長年使い続けた給湯器は各部品で経年劣化が進んでおり、故障部分を修理しても、その後別の部分に故障が発生することも多いからです。そうなると修理費用がさらに増えてしまうので、結局給湯器を新品に交換したほうが合理的になります。一般に給湯器の寿命は十年程度です。この点を考慮し、実際の使用年数から修理と交換のどちらがよいか判断しましょう。また、突然お湯が使用できなくなる事態を避けるために、日頃から故障の兆候がないかチェックしておくことも大事です。お湯の温度が一定しない、給湯器から異音がする、煙が出るなどの症状は故障の兆候です。はやめにメーカーや専門業者に相談しましょう。給湯器を交換する場合は、その種類にも注目が必要です。最も普及しているのは初期費用や設置の容易さなどでメリットが大きいガス給湯器ですが、ガス以外にも石油、電気の給湯器や、ハイブリッド型もあります。また、近年では熱効率の良い「エコ給湯器」が人気となっています。それぞれのタイプにメリットとデメリットがあるので、家庭の環境に合ったものを選ぶことが重要です。